昔から納豆はカラダに良いと言われてきました。
今流行りの言葉に置き換えると「スーパーフード」と言えるでしょう。
しかし、納豆がなぜカラダにいいのかを知りながら食べている方はそう多くは無いでしょう。
今回はその「納豆」の驚くべき栄養やポテンシャルについてお伝えしようと思います!

納豆に含まれる栄養素

私たち人間が健康を維持する上で必要不可欠な「5大栄養素」、
・私たちのエネルギーの源「炭水化物」
・筋肉や皮膚などカラダの組織を作る「たんぱく質」
・カラダや精神面を整えてくれる「ビタミン」
・骨などカラダのコアの部分を作り、さらにカラダのメンテナンスも受け持つ「ミネラル」
・エネルギーや神経組織などを作ってくれる「脂質」
これらを全て含んでいる「スーパーフード」が『納豆』なのです!
しかもこれらにプラス、第6の栄養素とも言われている「食物繊維」まで豊富に含まれていて、言わば「スーパーフード」の上、
「ミラクルフード」なのです!!

納豆のたんぱく質の素晴らしさ

「たんぱく質」とは先ほども書きましたように、筋肉などカラダを作るのに必要不可欠な栄養素です。
具体的に言いますとたんぱく質はたくさんの「アミノ酸」と言われる「有機化合物」が連なってできています。たんぱく質は内蔵でアミノ酸に分解されそしてカラダへと取り込まれます。

この「アミノ酸」にはヒトが体内で作り出すことのできないアミノ酸が9つ存在します。その9つの「アミノ酸」の総称を「必須アミノ酸」といい、これらは食事でしか取り入れることができません。

そしてその「アミノ酸」のバランスを数字に置き換えたものを「アミノ酸スコア」と言います。この「アミノ酸スコア」とはどういうものかというと、「アミノ酸のバランスを100点満点で表したもの」です。この9つの必須アミノ酸のうち、どれかひとつでも不足していればこの「アミノ酸スコア」は「0点」となってしまいます。これは「必須アミノ酸」が効率よく活用されなくなるためです。

そしてこの「アミノ酸スコア」、『納豆』はいったいどれくらいの点数があるか、それは

「ほぼ満点」

を出していることがわかりました!

そのため『納豆』はとても良質で吸収されやすい「たんぱく質」をもっているということがわかります!

納豆に含まれる特別な栄養素たち

ミラクルフード『納豆』には他の食べ物には無い特別な栄養素たちがたくさん含まれています。

・イソフラボン

これはポリフェノールの一種で、抗酸化作用があり、今話題のアンチエイジング効果もあるミラクルな栄養素です。

・レシチン

これは脂質の一種で、脳や、細胞膜、神経などを作る大変重要な栄養素です。余分なコレステロールを取り除くこともあり、生活習慣病の予防にも活躍し、さらに、細胞に栄養素が取り込まれるのを助けたりもします!

・ナットウキナーゼ

これぞ「納豆の真骨頂」と言っても過言でないくらいの酵素です。
納豆のネバネバの秘密はこのナットウキナーゼという酵素によるものです。
どういう効果があるかというと、血管内にできる「血栓」と言われる血液が凝固してできる塊を溶かしてくれる大変優秀な酵素なのです。現に、納豆を常日頃召し上がられている方は、動脈硬化などの血流障害が少ないとの結果が出ています。

まとめ

納豆の素晴らしさをわかっていただけましたでしょうか?
たんぱく質のバランス、イソフラボン、レシチンなど魅力的な栄養素が多い食べ物ですが、味や匂いが苦手という方もたくさんいますが、これを聞くと我慢してでも食べてみようかなと思われた方も多からずいらっしゃるかと思います。

しかし、食べ物はストレスなく食べたいものですよね?
健康のためとはいえ、嫌いなものを食べるのは耐えがたいものがあります。
この「ナットウキナーゼ」と言われる酵素は納豆を食べずとも今ならサプリメントでも出てきていますのでそちらを摂取してみるのもいいかと思います!

以上、当ページをご覧いただきましてありがとうございました!
他にも色々とダイエットや健康に関するアドバイスをまとめたものなど
いくつもご紹介していますのでお時間があるときにでも覗いてみてもらえたら嬉しいです!
ありがとうございました!