0

【二日酔いの治し方】お酒を飲みすぎた時の対処法&飲む前の事前予防


ついつい楽しくて飲みすぎてしまう。
悪ノリでいつもよりハイペースで飲んでしまった。
先輩からのお酒が断れずつい、、、

などなど
お酒の場では日常茶飯事なこうゆうシーンに何度も出くわしたことがあるかと思います。

今回はお酒を飲みすぎた時の対処法と、今日は飲むだろうな、という日に事前にできることをたくさんご紹介したいと思います。


 

「酔い」とは何か

なぜ「酔ってしまったのか」を知ればより効率の良い対処法が見つかるでしょう。

「大きく2つに分かれる酔いのメカニズムについて」

1.「エチルアルコール」による酔い

お酒に含まれるエチルアルコールを摂取すると、その量に応じて脳が一時的に麻痺を起こしそれが「酔い」になります。

2.「アセトアルデヒド」による酔い

アルコールを分解するときに体内で生成されるアセトアルデヒドは血液に蓄積されると、吐き気をもよおしたり、皮膚が赤くなったり、心拍数が上がったりします。
このアセトアルデヒドによる酔いはエチルアルコールの酔い方とは違い、「アセトアルデヒド脱水素酵素の活性型」によるもので、この症状が強く出る人と全く出ない人とがいます。このアセトアルデヒドが二日酔いの原因物質と言われています。

この「アセトアルデヒドを分解する」ことで二日酔いから逃れることができます。

二日酔いに効く方法

・錠剤やサプリを摂取する

美容に効果がある「ハイチオールC」
実はかなり即効性があり、服用すれば1時間ほどで効いてくるといいます。
ハイチオールCに含まれるLシステインが「アセトアルデヒド」を分解します。
飲み始める事前に服用することでも効果が期待できます。
「ペアA錠」でも効果がありますが簡単に手が入るのはハイチオールCなのでこちらをオススメします。

・グレープフルーツジュースを飲む

本来ならグレープフルーツをそのまま食べる方が好ましいですがコンビニで簡単に手に入るジュースで代用しましょう。飲むことすらしんどい状態であれば匂いを嗅ぐだけでも少しの効果が得られます。
このグレープフルーツには「フルクトース」と言われる果糖が含まれており、この果糖はアルコールを分解し、水分と二酸化炭素という最終段階まで分解してくれ短時間で効果が得られます。

・お風呂に入る

血行を良くして肝臓に送る血液中の酸素を増やし、肝機能を高め分解を促進します。
お風呂に入るのが面倒、ままならない時は温めたタオルを右胸の下(肝臓がある部分)に置き温めることでも効果が得られます。

・酸素スプレーで酸素吸引

酸素はアルコールを分解し最終的には炭酸ガスと水分に形を変えてくれます。しかも疲労回復の効果もあるのでオススメです。

・お水をたくさん飲む

定番のこの方法は一番簡単で、しかも脱水症状に陥ってる体をいたわることもできますので
上記に挙げたものと一緒にすることをおすすめします。
水分不足でアルコールが体内に残留することを防ぐことによりより早い回復を促せます。

食中にできること

・定番料理、トマトと枝豆を食べる

どちらもアルコールを分解する栄養素が豊富なので二日酔い予防になります。

最終手段

次の日すごく大事な外せない打ち合わせがある、などかなり次の日が深刻な状態にあるときの最終手段です。
あまりオススメはしませんがそれは「寝ないこと」です。
どういうことかというと睡眠することにより実は肝臓も休んでしまうのです。なので経験している方は多いかと思いますが、実は寝起きが一番辛いのです。
二日酔いで辛い中、頑張って起きていると15時頃にもなると気分がよくなっていってることが多くはないでしょうか?
寝ずに起きることによりその15時頃を朝に無理やりもってくるという荒技です。しかしお酒を飲むと眠くなるもの、これを成し遂げるにはかなりのメンタルを必要とします。
なのでできるだけ飲む前にはヘパリーゼやウコンなど前もって服用することをオススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です